中古のデメリット

中古のデメリット

2021年2月9日 オフ 投稿者: craen_textbook

中古物件は、すでにほぼ埋まっているマンションや区画の空き物件なので、希少性の高いものになります。「レアモノ」とう意味では価値が高いと感じられますが、反面、類似物件が少ないことも意味しています。

理想的な中古物件に出会えたとしも、他の人で売却が決まってしまった場合は、またスタートラインに戻って、理想に近い物件を探し当てる作業をしなくてはなりません。いい物件に巡り会えたら、他の人の手に渡ってしまう前に契約を決めるスピーディな決断力が、とくに人気のエリアなら必要となるでしょう。

中古物件はその名の通り「使い古された建物」ですから、経過年数が長い物件ほど修繕が必要なものが多く、住んだ直後からそれなりの出費を覚悟しておくべきです。相当年季の入っている物件であれば、ほぼ全面リニューアルの必要性も出てくるでしょう。その場合は耐用年数も十分に考慮する必要があります。

また、いったん更地にして再建築を行う際は、建築基準法によって既存の建物と同じ大きさの家か建てられない場合があり、よく確認しておく必要があります。

成功する住宅購入の教科書

成功する住宅購入の教科書
ー不動産のプロが自ら実践した最適な選び方ー

著 者:齋藤 剛
発 行:合同フォレスト株式会社
発 売:合同出版株式会社

これから住宅の購入、またはリノベーションやリフォームを検討している方は、是非クレイン不動産流通株式会社にご相談ください。
とことん解説!とことんわかりやすく!住宅購入のポイントアドバイスをさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。