とことん住宅購入

公開されている不動産情報は何処に行っても同じなので、既に気になる物件があればお問い合わせください。
失敗しないための住宅購入のポイントは、物件から探さないことです。物件よりも先に大切になってくるのは、よきパートナーとの出会いです。お客様のことを十分に理解し最適な物件を見つけ出してくれる、不動産のプロに出会うことです。

クレイン不動産流通では、「とことんfor you」という理念のもと、ご依頼者様の立場により添いとことんサポートしています。
ご理解・ご納得できるまでとことん「わかりやすく」解説・サポート致しますので、お気軽にお問い合わせください。

住宅を購入する際に是非知っておいて欲しい情報のチェック項目です。
この項目を最大限に活用していただき、失敗や後悔のないお客様にとって最適な住まいを手に入れていただければ、これ以上の喜びはありません。

失敗しない住宅購入ヒアリング項目
はじめに

▼メリット
自分が大家さんであり賃借人である投資運用。売却することができ、ご自身や相続人への資産となります。また団体信用生命保険に加入することで、 万一自分が死亡してしまった場合等に、住宅ローンが免除となり残された家族に家を残すことができます。また、家を維持するというご家族の共有目的となり、一体感が得られることになります。
持ち家ということで、信用が高まることもあります。

▼デメリット
固定資産税や都市計画税(価格は立地相場により相違します)等の税金が発生します。建物関連の維持費などが発生する。売り買いには出費がかさむ為に、気軽に売り買いをおこなう事がしにくい。

▼本体:資料等に記載のある〇〇〇万円

▼諸費用:〇〇〇万円×8~10%が目安

▼リフォーム
リフォームされる予定のある方は実費です。フルリフォームする場合は「床面積㎡×約10万円」が目安となります。
グレードやサイズにより異なりますが、キッチン100万円、浴室100万円、トイレ30万円、壁紙

不動産購入は高額となり何百万円~何千万円等の資料や借入額を目にしていることから、10万円や1万円が安い金額となります。「〇〇の設備は追加オプションで10万円です」なども軽く考えずに本当に必要か?じっくりと考察して下さい。旅行時や結婚式や出産の時のように財布の紐が緩くなるのと似ています。

また、「100万円の借り入れを増やすと毎月の返済額は約3,000円しか増加しない」と考えると支払えそうな気がしますが、これが何か月続くことなのか?こちらも冷静に考えましょう。

▼賃貸のメリット
比較的、購入するよりも気軽に引越ができます。税金や修繕積立金などを支払う必要がありません。

▼賃貸のデメリット
自由自在にリフォームしにくい。同じ物件に何十年家賃を支払い続けていてもその物件はご自身の物になりません。

▼購入のメリット
毎日レンタカーを借りるのではなく自分の車を使うことになるのと似ています。自分が大家さんであり借主である資産運用となる。ある程度自由にリフォームができる。団体信用生命保険に加入することで、万一死亡したりした場合はローンがチャラになり、家族に資産を残すことができます。

▼購入のデメリット
気軽に売ったり引越したりしにくい。税金や修繕積立金がかかる。

  1. そもそも購入する必要があるのか?ご検討する。
  2. 場所をどこにするか?マンションや戸建て、いくらまで借りられるか?安心して返せる金額はいくらか?趣味や家族構成は?など、ご自身の状況やご希望と将来のライフプランから「立地・種別・予算」を決めていく。
  3. 金融機関の一次審査(事前審査・仮申込)を入れてみる。
  4. 住宅購入の基礎や相場の見方を学びながら、物件資料を見比べて検討する。
  5. 実際に見学を重ねる。
  6. 良い物件があれば購入申込(交渉ごとの開始)をする。
  7. 売買契約書、重要事項説明書、設備状況報告書や告知書等を事前に確認する。
  8. 不動産の売買契約締結。手付金のお支払。
  9. 金融機関の二次審査(本審査・本申込)を入れてみる。
  10. 電気、ガス、水道、インターネット、テレビ等の開通、エアコン設置等の予定があれば、早めに手配をする。また、お引越しの見積もりや手配等もこの時点で。
  11. 金融機関と金銭消費貸借契約(借金の契約)を締結する。
  12. 金融機関からの融資実行&売主様へ残金(売買代金-手付金)等のお支払い&物件のお引渡し(物件の名義が売主➡買主になる)
  13. 物件のお引渡し以降お引越し
  14. 忘れてはならない!!住宅ローン控除の該当する方は確定申告

▼マンションのメリット
立地が良かったり共有部分に宅配ボックス等の設備が整っていたりします。同じ学校に通う生徒が居る可能性も高く、一緒に登下校したり敷地内で遊んだりしやすい環境になります。管理人さんや管理組合がある為に清掃面や修繕計画も整っており、家の外側は「楽」な部分が多くなります。構造がしっかりしている為に、台風時などは雨風の音が聞こえなかったなんてこともあります。耐震・耐熱性や遮音性に優れている部分もあります。土地も所有が少ない為に価格面が戸建に比べて抑えられています。

▼マンションのデメリット
共同生活であり、共有部分については改修工事や使用方法なども自由が利きにくいこともあります。管理組合の当番等も輪番制で回ってきます。また、強制的に管理費と修繕積立金のお支払が永続的に発生します。駐車場も永続的に「借り物」ということで月額使用料が発生してきます。また、ペットが飼えないところも多いです。将来縦壊しをする際に、資産性が低くなる傾向があります。

▼戸建のメリット
内装や外装の自由度が高く、管理費も修繕費も強制的ではなくご自身のペースで進められます。上下左右への騒音も気にせず、ペットの飼育も自由です。駐車場スペースがあれば、料金もかかりません。他にも、トイレが2箇所存在しているなどの細かいメリットも多々存在します。建物が駆逐しても土地は永続的に残ります。

▼戸建のデメリット
草むしりも外壁塗装も自分で判断、計画し、実行する必要があります。
同じ予算で探すとマンションよりも立地が悪くなる傾向があります。一般的な構造の場合は台風時の影響や断熱性などはマンションよりも劣る傾向があります。

「価格面」は新築が割高になり、中古が割安となります。
「残存耐用年数(賞味期限のようなもの)」は新築が長めになり、中古が短めになります。
成功する住宅購入は<予算>と<立地>と<建物>のバランスが大切になりますが、目先の予算と長い目でみた予算(当初は安くてもすぐリフォームが必要になるのでは本末転倒です)にて、建物(広さ、新しさ、設備)や立地をみていく必要があります。

補足:
耐用年数とは構造&築年月もかかわってきます。目安として鉄筋コンクリート造は約47年、重量鉄骨造は約34年、軽量鉄骨造は約19~27年、木造は約22年等の法定耐用年数という基準はありますが、実際はもっと長いと感じています。
私がこの職に就き15年、様々な物件を観てきた肌感覚でお伝えすると、鉄筋コンクリートは耐震や改修をすれば約60~70年、重量鉄骨はリフォームすれば約50~55年、軽量鉄骨造はリフォームすれば40~50年、木造はリフォームすれば40~50年という。

「残念ながら、不動産にお買い得はほぼ存在しません」立地の良し悪し(利便性や人気)で予算が上下します。建物(広さ、新しさ、設備)の良し悪しで予算が上下します。この3点のバランスを納得することが大切です。また、類似地域の類似物件を何件も資料やインターネットでみて、メモ(価格、立地、築年数、特徴)をとっておきます。これが相場という知識になります。相場という知識があれば、購入で失敗する大きなエラーは防げるようになりますし、物件の良し悪しの判定が早めにできるようになり、良い物件が出た際に決断が早くなり、物件を直ぐに押さえることもできます。

徒歩1分は80m、SLDKのSは何?方角と日当たりの関係は?用途地域とは?

交通ルールを覚えてから運転しないと事故や違反を起こしてしまうのと同じで、住宅購入のルールや物件資料の読み方、日当たりの役割と方角によって当たる時間が違う、相場の見方、借りられる金額と安心して返せる金額の違い、購入の手順、契約書の読み方等を覚えて頂いた後に、資料検討や物件見学を開始して頂きたいと考えております。
購入後の「こんなはずじゃかなった」の責任は全てご自身がしりぬぐいするのが住宅購入です。自分の身は自分で守る必要があります。
さらに、住宅購入のルールや資料の読み方は90分程度あればかなりの収穫が可能ですので、なおさら行って頂いた後に物件購入スタートされても「急がば回れ」決して遅くはありません。

住宅ローン
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
コンテンツを切り替え
コンテンツを切り替え
コンテンツを切り替え
立地の決め方

生活する上でのお店があるか、通勤や通学に要する時間や手段を指します。

将来的に売却する可能性がある場合は、地価が大幅に下がる見込みがないか。

大雪、洪水、津波、夜間の外灯の状況やガードレールや歩道の問題。そしてご近所さんにトラブルがあるところでないか?も心の安全になります。

見学時
  1. 居住中で売主様も立ち会い見学➡後で価格交渉を行うことになるかもしれないので、時間をとってくれたことにお礼を伝え、挨拶もしっかりと礼儀正しく、ニコニコと物件を誉めるのもポイント。売主様は自分が選んだ物件を誉めてくれると、自分のセンスを誉めてくれているのと同じことになり、嬉しいはずです。価格交渉したいが故に悪く言うのは逆効果ですので、ご注意下さい。写真に納めたい箇所があり撮影したい場合や、収納の中を拝見する場合は都度お断りを入れて確認して下さい。
    また、近隣の情報やお買い物情報を聞くには「生の声」を仕入れるチャンスです。
    遠慮せずに質問しましょう。売却理由はナイーブな状況もあるので、不動産業者を経由して質問することが得策です。
  2. 居住中だが不在の場合に見学➡事前に収納等、観てはいけない箇所を聞いておく。
  3. 退去後で空室となっている場合の見学➡比較的に自由。
その他

100%の精度ではありませんが、存在します。弊社は「家を売るのではなく、お客様の未来を売る」理念のもとに活動致しておりますので、家の広さや新しさも大切ですが、ご近所さんの状況という環境も重要視しています。弊社は独自のリサーチ方法により、全てのお客様に対して実践しています。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.
コンテンツを切り替え
不動産トラブル相談

お客様に最適な物件と住宅ローンのご提案をいたします。
是非、お問い合わせご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ!045-594-7677営業時間:10:00~19:00/定休日:水曜日

お問い合わせ