横浜中華街
クレイン不動産流通の特徴

家探しは「幸せな未来探し」であるという理念を基に活動しております。その為に、

  1. 押し売りやしつこい連絡など、お客様が嫌がる行為は行いません。
  2. 物件の良い部分だけではなく、悪い部分こそ抜け目なく発見ししっかりとお伝えします。
  3. 独自の方法でご近所さんの調査をしっかりと行い、ご報告を行わせて頂きます。
  4. ライフプラン表を作成し、借りられる金額ではなく安心して返せる金額を算出します。
  5. 購入の流れ、見学のポイント、資料の読み方、相場の見方、住宅ローンの全てをご教授してから物件見学を開始しております。講義内容の講義や監修は、弊社代表取締役の齋藤剛が全てのお客様に対して行っております。

齋藤 剛プロフィール

著書「成功する住宅購入の教科書」(Amazonの3部門で売上3位獲得)
テレビ神奈川「猫のひたいほどワイド」住宅購入の先生として講義出演中
FM横浜「トレセンフライデー」住宅購入の先生として講義出演中

齋藤 剛
会社案内
商 号クレイン不動産流通 株式会社
代表者名齋藤 剛
所在地〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目1-2 犬山ビルヂング4F
免許番号神奈川県知事(2)第28742号
免許その他住宅瑕疵担保責任保険
メールアドレスinfo@c-red.co.jp
電話番号045-594-7677
FAX045-594-7678
営業時間10:00~19:00
事業内容
  • 不動産の仲介
  • 不動産の売買
  • 不動産の賃貸
  • 不動産の管理
  • リフォーム
  • リノベーション
定休日水曜日
加盟団体
  • リノベ不動産全国ネットワーク
  • ミサワホームMRD特約店
  • 一般社団法人 不動産相談協会
  • 全日不動産保証協会
  • 住宅瑕疵担保責任保険(JIO)
業務提携
  • 朝日新聞
  • ナジック学生情報センター
  • ミサワホーム
  • リノベ不動産
  • 住宅金融支援機構(公庫)
  • 横浜みなと法律事務所
  • 鈴木司法書士事務所
  • 藤澤会計事務所、他
取引銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 横浜銀行
  • 湘南信用金庫
  • 川崎信用金庫
  • JA相模
資本金500万円
従業員数5名
交 通東海道本線 横浜駅 5分
京急本線 神奈川駅 5分
アクセス
JR横浜駅 北改札口

①JR横浜駅北改札口
JR横浜駅からクレイン不動産流通株式会社へお越しいただくには、北改札口が便利です。改札口を出て左へ進んでください。

JR横浜駅 北西口

②北西口のエスカレーター
北西口のエスカレーターを上がり、地上に出たら右手のエスカレーターで歩行者デッキに上がってください。

JR横浜駅 歩行者デッキ

③歩行者デッキ
歩行者デッキを左へ進み、そのままJR横浜鶴屋町ビル方面へ進んでください。現在工事中ですが通行できます。

JR横浜鶴屋町ビル

④JR横浜鶴屋町ビル
CIAL横浜ANNEX(シァル横浜アネックス)の商業施設と、JR東日本ホテルメッツ横浜の前を進んでください。

CIAL横浜ANNEX

⑤CIAL横浜ANNEXのエスカレーター
CIAL横浜ANNEX2階から地上に降りるエスカレータを降りてください。正面に見えるビルが犬山ビルヂングです。

⑥犬山ビルヂング
台町入口の交差点の信号を渡り、ビルの右手のエレベーターより4階にクレイン不動産流通株式会社があります。

当社の役割

私達が病気になれば「医師」へ頼り、数々存在する治療や投薬の中から、最も納得できる方法を二人三脚にて選定・進行する事で「完治」を目指します。
それは患者に知識や経験がなく、またセルフサービスでは行えない為に病院を利用します。
患者:「対価を支払い、プロに任せて、完治を目的とする」
病院(医師):「対価を頂き、自身の知識経験+患者様の背景を配慮し、最も適切な方法にて完治を提供」という構図が成立ちます。
そして、最も適切な方法というのは、医師の家族に治療や投薬を施す場面が発生したとして、そこに採用する手段と費用でなくてはなりません。つまり、他人事だからといって手を抜く事では真のプロとは言えません。

不動産業者に当てはめると
お客様:「対価を支払い、良い物件に住める事を目的とする」
不動産業者:「対価を頂き、物件情報を提供+見学に同行+契約段取りを行う」という構図が成立ちますが、私達クレイン不動産流通株式会社は、培った知識や経験をもとにまるで自分が引越するかのような「物件情報、見学時のポイント、契約段取り」の提供に加え、お客様の背景を汲み取り、そもそも今のお引越自体が適切かどうかから二人三脚にて進行させて頂くことをお約束致します。

不動産業界のイメージを変えたい

「千三屋(センミツヤ)」
千個の発言の中で、三つしか本当の事を言わない。と言われていた不動産業者。
日本の不動産業者へのイメージはブラックであり、下記の通りです。

  • 押しが強い
  • しつこい営業
  • 急かす
  • 良い事しか言わない
  • 騙されそう

これらのイメージにより、不動産業者の重みが軽くなってきています。

また、インターネットの発達により気軽に物件情報を閲覧できる事も重なり「物件案内人」化しているのも実状です。
具合が悪い方がインターネットで調べた薬をドラッグストアで購入する。このように、セルフサービス化されていると感じています。

実際の不動産業は法律も深く広く、また相手方との折衝等も考慮すると、ご自身での判断のみでは最も適切な物件に辿り着くには心許ない業務である想いが募ります。
病院へ行き、症状や希望を伝えて最も適切な処置を受けるのと同じく、不動産業者へ引越の動機を相談し、ご自身の背景を考慮した「予算・立地・物件・時期」を二人三脚にて検討する事が、一番の成功する近道であると思っています。

その為には、不動産業者の位置付けを重くする必要がありますが、重くするにはホワイトニング化する事も大切です。

  • お客様の嫌がる行為はしない
  • 選択肢は手を抜かず提示する
  • 良いところも悪いところも正直に伝える

事が鉄則であり、更に不動産業者自身は勉強を重ねる必要があります。

「当社の目的は、不動産業者が徳の高い職と崇められる職にすること」
「その為には鉄則を遵守し、勉強を緩めないこと」
であり、自分達もお客様にとってもWIN WINの関係構築が望ましいと考えております。

当社は、不動産業のホワイトニング化に向けて、全国の不動産業者向けに講演・コンサルティングを始めております。

お問合せ・ご相談はこちらからどうぞ!045-594-7677営業時間:10:00~19:00/定休日:水曜日

お問い合わせ